本棚の整理

ボスから研究用図書の貸出状況の把握を頼まれたのでついでに研究室の本棚を整理した.

昔の就活関係の新書(昔の新書...)とか四季報とか2000年台のソフトウェアのマニュアルとかがあり,いらねえだろっつって抜き出してたらえらい疲れた.ホコリのせいでくしゃみが止まらなくてひどいことになった.けどかなりの量減らせたしすっきりしたんじゃなかろうか.

あとパタヘネの1版とかいう化石があったりした.そういえば英語だと6版出るらしいですね.とりあえず5版おねだりしようかと考えていたりする.

というか全体的に,最新の書籍がなくて色あせてしまっている感が否めない.昔の本が悪いとは言わないが,やはり本は新しいほうがデザインも紙質もいいので好きだ.洋書だと古い本には威厳を感じるんだが.厚さとかカバーの問題ですかね.

俺は3年かけてそれなりのスペックのPC以上の金を本に投資しているので,しょうじき研究室のホコリかぶった本棚より清潔感とか情報の新しさとかで見るとかなりいい本に囲まれて過ごせている.いまはよく使う本を研究室に出張させているので寂しいけど.そんなプライドを武器にしつつ,やはり研究室の本棚に威厳があると気が引き締まるってのはあると思うので,いくつか推薦図書を考えてみようと思った.